字の汚さは心の強さ

作文をのせます。

日ごろの料理について

 うちの、調理に使える熱源はIH一口・電気ケトル・電子レンジの三点です。
 家ではだいたい肉と野菜とをまとめて加熱したものと主食のセットを食べています。

 加熱の例)フライパンでいためたり、大鍋で煮込んだり、電子レンジで蒸したり
 主食の例)米類・食パン・うどん・乾燥素麺・じゃがいも(いずれも生だったり冷凍だったり)

 この形態に落ち着いた主な原因は、コンロが一口であることと、一人暮らしが長いことです。

 食卓を豊かにする手法として、まとめて作って冷凍したり作り置きしたりすることが紹介されていますが、私はあんまり用いてません。

 一人暮らしなので、まとめて作っても食べるのは一食ずつです。私においては、まとめて作って食べる前に温め返すことと、一食一食作ることの手間の差がさほどありませんでした。(加熱の回数が味に多大な影響を及ぼすような料理は別として。)

 小鉢が好きとか丼物好きとか、その人の好みによって程よい着地点は様々だと思います。着地しないことが最適解の方もいると思います。私の場合の話です。


 何を書くかまとまらなくなったので、最近食べたものを載せてにごしておしまいにします。
 分量とか切り方とかはすべて任意です。悩んだら火は通した方が良いです。足りない材料はあきらめ、余り物があったら適当に足します。

〇豚と野菜
・豚小間(安い)を任意の油でいためる
・そこに任意の野菜をいれる
・味をつけて主食とともに食べる

・冷や飯、袋麺、うどんなんかだとなんとそのままフライパンに突っ込んで加熱して食べることができてしまう。
・たいていバカの食べ物の味がする。
・味のバリエーションは油3種類(サラダ・ごま・オリーブ)と調味料とかだし顆粒の組み合わせでどうとでもなる。


〇鶏となすとトマトとジャガイモ
・ジャガイモの皮をむいて薄切りにしてシリコンスチーマーに少量の水とともにいれる。レンジで軽く火を通しておく。
・鶏肉をフライパンで焼く。胸肉なら任意の油を敷き、皮つきとか油が出そうなら素焼きにして油を出す。適当に表面が焼けたらいったん肉を器に取り出す(多少焼き目がついたりカリカリしかけたくらいが好み)。
・表面積を大きめに切ったなすを加熱したままのフライパンに入れる。塩も入れる。おおむね油を吸ったあたりで輪切りのトマトを入れる。
・トマトに火が通ったあたりでジャガイモと鶏肉を戻す。すべての具材が好みの火の通りになったら皿に盛って食べる。

・適切な火の通りだと、野菜三種がめちゃくちゃおいしい。加熱しすぎると鶏のトマトソースがけになる。
・ジャガイモの量に応じて主食は食べたり食べなかったり。
・ショウガや玉ねぎを入れても美味しい。

手羽元と大根
・大根は下茹でしておく(水からだろうがお湯からだろうが米入れようが入れまいが良い。火が通るまで下茹でしておく。)(下茹でした大根を、水けをきって冷凍しておくと幸せになれる。)
手羽元の血などの汚れを水で洗う。水と手羽元を1:1の重量比で鍋に入れ、煮る。
・沸騰し、灰汁が出てきたらすくう。満足するまで灰汁を取る。
・塩を入れる。(ショウガやネギを入れる)大根を入れる。
・改めて沸騰するまで加熱し、そのまま冷ます(味が染みる。)任意のタイミングで食べる。

・何の野菜を入れてもよい。ニンジンなどなら同様に下茹でしておくと火の通りを考えなくてよいので楽。(ニンジンのゆで汁は結構おいしいので、捨てずに別の何かにしてもよいのかもしれない。)
・葉野菜だと、たいていだるっだるになるので、皿に盛る直前に後入れするかダルダルを楽しむなどの工夫がいる。
・味付けは塩気があれば何でもよい。塩が余っているのでなんとなく基本塩で味付けしてる。

おしまい。あまり飽きない性質なので、食事はだいぶ満足しています。